行政書士の厳選!合格体験集

行政書士の合格体験が集まっていれば、行政書士になりたい人たちにとって役に立つ貴重な情報になるため、合格者を集めてインタビューを実施しました!

行政書士の合格体験記①独学挑戦の結果

行政書士の合格体験記を語ってくださいって頼まれたんで、僕の体験談を教えていきたいと思います。
僕は今27歳です。四年制大学を卒業して、一般の会社に就職したんですけど、今の日本の企業社会に疑問を感じてしまって、脱サラしたいなって思うようになりました。
いちおう大学では法学部に在籍していたんで、よその会社に転職するよりも、法律関係の資格でも取って事務所とかに勤める人間になりたいなと思って、行政書士になろうかと思い立ったんです。

行政書士の試験のことも調べたんですけど、法学部だったから普通の人より有利だろうと思って独学で勉強しようと思いました。ちょっと本屋とかに行ってみたら、いろいろと参考書も置いてあったし、家には六法全書も昔買ったのがあるし、独学でなんとか行政書士合格いけるかなあと。
行政書士のコースがある学校のパンフレットとかも見たんですけど、でもお金がかかるし独学で受かるならそのほうがいいと思ったんですよね。まだ社会人になって日が浅いし、会社も不景気だからボーナスも思ったよりもらえませんでしたし、10万円以上もかかるようなことが書いてあったからそんなに出すなんて無駄だと思ったんです。独学だったら、お金のほかに時間も浮きますよね? 行政書士のスクールに足を運んだりしてたら時間がいくらたっても足りないとも思いました。

行政書士の独学は思ったよりもずっとハードでしたね。。。教科書とか問題集とか、本屋さんにもあったしアマゾンみたいなネットショッピングでも選び放題だったからそれでじゅうぶんだと思ったのに、買って読んでみると、理解するのにすごく時間がかかるんですよね。。。法学部だった自信が崩れてしまいました。
それに行政書士の本を読んでてわからないことがあると、独学だと先へ行けなくなるんですよね! 
行政書士の独学を試したのは無謀だったって気がつくのに何カ月もかけてしまったのはかなりの間違いでしたけどそれでも最初の年はそのまま受けてしまったんですよね。。。

結局2年目に通信教育に切り替えて受かったんですけど、僕のように独学で行政書士を目指す人が絶対に出てくると思います。「安くあがるだろう」なんて考えで独学を選ぶのはすごく浅い考えです、そんな安直に独学チャレンジだけを選ぶのだけは避けてもらいたいと思いますね、あえてこの場でそれを伝えさせてもらいたいです。