行政書士の厳選!合格体験集

行政書士の合格体験が集まっていれば、行政書士になりたい人たちにとって役に立つ貴重な情報になるため、合格者を集めてインタビューを実施しました!

行政書士試験の合格率の全容

行政書士の試験に合格したい人たちが真っ先に確認したほうがいいものはたくさんありますが、行政書士の合格率もそのひとつです。
行政書士の試験の合格率を見ているとどんなことがわかりそうでしょうか?

受験者の人数 合格者の人数 合格率
平成17年(2005年) 74,762人 1,961人 2.62%
平成18年(2006年) 70,713人 3,385人 4.79%
平成19年(2007年) 65,157人 5,631人 8.64%
平成20年(2008年) 63,907人 4,133人 6.47%
平成21年(2009年) 67,348人 6,095人 9.05%
平成22年(2010年) 70,586人 4,662人 6.60%
平成23年(2011年) 66,297人 5,337人 8.05%
平成24年(2012年) 59,948人 5,508人 9.19%
平成25年(2013年) 55,436人 5,597人 10.10%
平成26年(2014年) 48,869人 4,043人 8.27%

過去10年の行政書士試験の合格率をこうやって図にすると、平成17年と18年以外はけっこう落ち着いているように見えるでしょうか(とはいて、数字はちょっとずつ上がったり下がったりを繰り返していますが)? 

行政書士の試験の合格率はときどき数%くらいの規模で上下しますし、まれに10%以上の規模で上下します(これについては、他のページで改めて、違う視点からふれます)が、どちらにしても、行政書士の合格率が高くないことは間違いありません。
行政書士の試験の難しさは、多くの有名大学の合格率の比ではないといってもいいくらいでしょう

どうして行政書士の合格率は低いままなのでしょうか? お上の意思ももちろんあって、簡単に受かるような試験に、簡単にとれるような資格にするつもりがないことのあらわれでもありますが(簡単ではないから、行政書士という仕事は社会での需要が落ちないのですし)、行政書士試験の受験者の勉強の仕方にも原因はあります。これも他のページの、特に合格体験記を参考にしてほしい点ですが、行政書士の受験者の大半は、勉強法に欠点があることに気がついていません。
行政書士の合格率はこうやってオープンにされていて、難しいことは一目瞭然なのにそれに見合った試験対策をやれていないのです

しかし、最初は自信がなかったのに1回だけで受かる人がいることでも証明されているように、受かる勉強方法はあります。くれぐれも、間違った方法を選ばないようによく検討してください。