行政書士の厳選!合格体験集

行政書士の合格体験が集まっていれば、行政書士になりたい人たちにとって役に立つ貴重な情報になるため、合格者を集めてインタビューを実施しました!

行政書士合格の第一歩は試験要綱確認から

行政書士という資格や仕事に関心が高まってきて、行政書士の試験を受けてみたい、または行政書士の試験合格を目標にしたいと思ったら、行政書士の試験がどうなっているのか知らないといけません。
行政書士の試験を受けることにしたら、破たんのない予定を立てないといけないからです。

行政書士の試験は、まず年に1回しかありませんから、行政書士になろうかと思った時点で次の試験までどれくらいの日数があるのか、確かめないといけません。

毎年、行政書士試験のスケジュールは次のようになっています。

  • 試験の申込期間:8月上旬から9月上旬まで
  • 試験日:11月第2日曜日 13時から16時まで
  • 試験の合格発表:1月下旬

これだけを読んでも、いったいこれがどれくらい大切なことなのかわからない人もいることでしょうが、行政書士の試験は(他のページで説明しますが)とにかく楽な試験ではありません。つまり、行政書士の試験に合格をするには相当の勉強や準備が欠かせなくなります。
初めての受験で、要領よく合格できてしまう人もいますが、それは相当の努力や対策があったはずで、行政書士試験日までの時間を大切に使ってきたはずです。試験までに半年以上の時間はほしいです(その間も、ただ単調な勉強をしても意味はなく、行政書士試験の本質を突いた方法が必要です。
他のページの合格体験記からそれをつかみ取ってください)し試験を受けたくなったときが試験までに2ヶ月~半年未満くらいしかないようだったら翌年度の試験を目標にするか、または並大抵ではない努力が必要です(他のページの合格体験記にも出てきますが、特別な工夫が必要だと思ってください)。

ちなみに、行政書士の試験は、誰でも受験することができます。
行政書士と同じように難易度や専門性が高い資格の中には、ときどき「受験資格」が厳密に指定されていて受けさせてもらえない人が大量に出てくる資格もあるのですが、行政書士の試験にそれはありません。性別・学歴・職歴・国籍等を使った受験資格制限はいっさいありません(このことも、行政書士の試験を受けて合格することがよくおすすめされている理由の一部です)。