行政書士の厳選!合格体験集

行政書士の合格体験が集まっていれば、行政書士になりたい人たちにとって役に立つ貴重な情報になるため、合格者を集めてインタビューを実施しました!

行政書士の合格体験のインタビュー集

行政書士の試験に合格をするまでの道のりで挫折してしまう受験者は毎年たくさんいるんですよね。
でも、行政書士の試験に何とか受かっても、合格後の身のふり方がわかってなくて苦労するケースも毎年たくさん起こっちゃってるかもしれないです。
自分は、最初からそんなエピソードを聞かされてきたんで、合格後のことも考えながら行政書士の勉強をしてました。合格までの勉強も努力は必要でしたけど、合格後も成功する行政書士に必ずなりたかったから努力が必要でしたね。でも、受験と同じで努力の方向が正しいなら行政書士試験合格後には幸せなキャリアが開けますよ。自分と同じようにうまくやってほしいので、今日は行政書士の合格体験記に参加させてください。

行政書士の世界は、格差社会みたいな部分があります。行政書士合格後は収入が高い道に進める人もいれば、その逆で、ワーキングプアみたいになってしまう人もいることはいます。
行政書士は企業に入って活動する道も少しはありますけど、開業向きの資格ですから合格後はひとりでやっていく道を開かないといけないんです。どこかの法律事務所とかで雇ってもらうチャンスはかなり少ないです。
試験合格後は、行政書士として登録をしますけど、20万円以上かかりますし、確実にそれを回収する意欲で仕事をとっていかないとね。

自分の場合、合格後は行政書士の連合会が紹介してくれる研修にもよく顔を出していろいろ教えてもらいましたし、もともと合格前から、自分で近所の既存の行政書士の事務所を確認して、どのあたりだと開業がしやすい立地なのかよく調べておきました。合格後、登録後は近くの行政書士の事務所のほうにあいさつにうかがいましたし、その先輩の方々がどんな仕事をメインでやっているのか差しさわりのない範囲で教えてもらいました。
そこまでした理由は、行政書士の仕事は広くて、活躍している行政書士は得意分野を持っていることが普通ですから、近くで開業している方々とダブらない分野で仕事をしようと思ったからなんですよ。
その中で特に親切な方には、できるだけいろいろなアドバイスをもらいましたし、丁寧に接していたらその後、実際に受けた仕事のことでもアドバイスをいただけるようにもなりましたね。

こうした努力は正しかったと思ってます。1年目で、目標にしていた年収300万円は超えられましたし、それからも毎年100万円以上年収は伸ばしていけました。4年で700万円ですけど自分はまだ20代ですしかなり満足できる結果になってます。こうなることができたのも、試験合格後にどんな行政書士になっていくのかを受験勉強中から計画しておいたからだと思います。
今行政書士の勉強をしている方々にも、合格後のことをときどき考えてほしいですし、いろいろ調べておいてほしいですね。それができていれば、必ずといっていいくらい年収が安定して高い行政書士になれると思いますから。